テーマ:経済

僕がEVを目の敵にするたった1つの理由

ある人から「あんたは、なんでEVをそんなに目の敵にするの」と言われたのだけど、理由はただ1つ。EVは(いくら微々たる量でも一般に売るには)現代の日本には筋が悪いということだけである。 バッテリーの持ちもあるが、中長期的な電力供給を考えた場合、原子力の建設の困難さと化石燃料の依存度の上昇は明らかであるが、電力の自由化の進展に加えとりわけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

自然エネルギーは、ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん

なぜ原子力や火力がもてはやされたのか。 その原因は安定性とエネルギー密度にあるでしょう。人が好きなときに好きなだけエネルギーを、それも少ない量で得られる。これは何物にも代え難いメリットなのです。 もし太陽光発電だけで日本の電力需要をまかなおうとしたら、埼玉県の面積と同じだけ太陽光発電を敷設しないといけない。水力でさえ、状況は大差…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

成長に関する考察

ブログで書くよりもTwitterの方が食いつきが良いので放置してしまっているのですが、長文はTwitterじゃ書ききれないのでこちらで。今の日本は「成長してない」ことが諸悪の根源という意見がよく聞かれます。 私も「常に成長しないと未来はない」と口を酸っぱくして言っているけど、どこか裏で冷めた目線で見ている自分が居たのですが、よくよく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自前主義に拘りすぎるな

最近よく聞くのは「日本は海外で勝負しないと生き残れない。」という論調ですが、こういうのを聞いてみたら、まるで「ゼロから海外拠点を作る」か「全て自前」で行うことにしか関心を持っていないような気がするのですよ。 だけど、私は買収だとかチームや個人の引き抜きのような変化球も必要で、直球とも言える自前主義ばかりでは駄目なのだと私は思うのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンロー経済と拝心主義

「日本は内向きだ」という主張が最近盛んに喧伝されているのですが、そもそも昔の日本ってもともと外向きだったのかという疑問があるわけです。おそらくほとんどの人は、電化製品や車を持ち出して外向きだったのではないかと思っているようですが、実際にはどうなのでしょうか? たとえば水道も水メジャーと呼ばれる大手企業の独壇場になりつつあるのはご存じ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

ノイジーマイノリティー

政治の世界でノイジーマイノリティーとかサイレントマジョリティとかよく言いますが、産業の世界にもそれらは存在すると思います。(図1) んで、最近思うのは、「成長産業」と喧伝されている、観光とか介護とか農業は大抵ノイジーマイノリティーなのではないかと言うことです。そんな事言って、「成長していないからマイノリティなのだ」という人も居…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

新幹線は売るのに向いていないから売れないのだ

http://railwaysignal.kitaguni.tv/e1696622.html 新幹線が売れない本当の理由(鉄道技術者のひとりごと) ちょっとこれに補足を。悪いのは技術者の傲慢な態度と断罪しているのですが、そもそも、日本の新幹線というのは生い立ちからして外国に売るに向いていない特異なシステムなのです。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

国民はリストラ出来ないという人が国民のリストラをしている皮肉

昨今の政治において「地方を元気に」というのが一種のかけ声になっている昨今ですが、実際問題、地方というのは、田舎に行けば行くほど、官公庁の影響力が強まるわけで、財政支出の削減は地域の存続問題に直結するのです。 すなわち、新日鉄が、円高不況が原因でリストラをはじめて北九州とか室蘭といった所とか、炭鉱が閉山して産炭地が衰退したのと全く同じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ファブレスでは国は繁栄しないが・・・。

「ものづくり立国の幻想を捨てよ」と主張するマーケティング・コンサルタントの大西宏さんの論調は、要するに、「アイディアとマーケティングを組み合わせて新しい物(ビジネスを含む)を作ることで生き残れ」と言うことでしょう。確かに、さんざん彼が引き合いにだすアップルの他、ユニクロや任天堂のように高収益を誇っている日本企業はいずれもそのようなビジネ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

現状認識と日本の将来像

   「今の日本は駄目だ」とみんな異口同音に言うのですが、一体どういう国にしたいのか?そこが見えてこないから非常に気持ちが悪くてもやもやします。 と、だけでは終わってしまうのですが、例えば、「よその国を見倣え」と煩いけど、「システムのパッチワークでなんとかなるのか?」とどうしても思ってしまいます。しかもそのよその…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

悪玉は銀行ではなくバランスシート不況

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100714/crm1007140902009-n1.htm 【振興銀事件】木村前会長ら5人を逮捕 前会長だけ容疑否認 日本振興銀行(東京都千代田区)の銀行法違反(検査忌避)事件で、金融庁の検査の際に業務上のメールを削除したとして、警…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

社内公用語とグローバル経済

某英会話塾で、「英語は地球語」なんていうCMがありましたが、楽天やユニクロが世界で生き残るために、英語を社内公用語にするそうで。 よく「日本もグローバル化しないと取り残される」とかよく言いますが、グローバル=アメリカ=英語という単純な図式じゃなく、これから有望な中国語を使いますという会社が出ないのは言ったどうしてなのかな? 中国…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

それは日本がすでに通った道だ

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20100309/1268116441#c 木走日記さんが、韓国の経済を安易に見倣えという風潮に異議を唱えています。 件の日経社説はこちらの魚拓を見ていただくとしましょう。 さて、大企業は通貨安で好調なのに、その恩恵が末端に到達していない。まるで数年前の日…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

ひろゆきも認めた空虚なBI

http://www.asks.jp/users/hiro/66376.html 空虚なベーシックインカム議論 私がBIについてもっていた違和感をひろゆきが代弁していたので紹介します。BI推進派の人から「この動画を見て議論に参加してくれ」とかいわれたのですが、正直数時間の時間を割いてまでBIの議論を読むほど興味がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸出は経済の補助エンジン

よく、「もっと世界の人に日本の製品を買ってもらうことを考えるべき」とかいって、円安誘導による景気回復を唱える人がいるのですが、世界的なバブルと円安を背景に輸出を拡大し、経済成長を続けた例がありました。 それが、数年前まで続いたいざなみ景気です。 しかしながら、この好況はずっと「実感無き景気回復」といわれ続けた好況だったのです。要する…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「お寒い」冬期オリンピックの支援体制

http://sports.goo.ne.jp/others/column/number-4528-1/ ジャンプ日本代表に謎の空白世代?経済不況がスポーツ界に残した爪痕。 別にこれは、スキージャンプに限ったことではなくて、冬季オリンピック全体に言える事です。つまり、北国の企業が中心となって支えていたところに、地方…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

有楽町西武とマーケティングと規模の小さすぎるメディア

読者の皆様もご存じでしょうが、有楽町西武が閉店するとのことですが、この有楽町西武は、昨年閉店した札幌西武もですが、いわゆるデパ地下が存在せず若い女性にターゲットを絞った百貨店だったのです。 昨日の「とくダネ!」で小倉キャスターが「有楽町は男性が入りにくい店で、男が入っているのは恋人同士じゃないと有り得ない」という趣旨の発言をしていま…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

既得権のせいでベンチャーが育たないのか?

しばしば、日本でベンチャー企業が育たない。それは既得権益と成功を妬む国民性のせいだ。 とこういう声があります。 しかしねえ、そういう人の脳内では明治創業なのかも知れないけど、ソフトバンクとか楽天とかのような球団ももてるまでに成長したIT企業も存在するわけだし、ライブドアのあれは特別なケースではないのでしょうか?あの事件の真偽は兎…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JAL破綻の真因

日本航空再生は不可能 http://guccipost.jp/cgi-bin/WebObjects/12336a3d498.woa/wa/read/sq_126408e9b50/ JALは国鉄と似ているどころか、最近でJALは日本経済の縮図とすら言われていますが、大事なのはぐっちーさんのように、一見似ていると思われ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

共通点と相違点

よくワイマールと日本が似ているとか、ローマ帝国がアメリカと似ているという話があるのですが、大抵それらは「似ているから、それは抗いようのない事実になる。テラコワス」で終わりなんですよ。 しかし、それらには相違点も多々あるはずで、むしろ重要なのはそこなのではないかと。 たとえば、ローマ帝国=アメリカ論での最大の相違点はアメリカの歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人参政権と移民について

外国人参政権法案を提出するとかで、随分きな臭い事になってきましたが、特別永住者(いわゆる在日)の人たちでも北朝鮮籍は対象外なのですね。なんかやはり民団のための参政権じゃないかという感じなのですが、まあ確かに現実的な事を考えたら酷使様のように「チョンは朝鮮に帰れ」という事は出来ないですよねえ。ドイツとか短期労働者のつもりで外国人を受け入れ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本社所在地と関西の地盤沈下(後編)

関空の場合は、正規運賃で優等席に乗ってくれる人が少ないこともあるけど、問題の本質は、本来は一番頑張るべき日系航空会社が明らかにやる気がなく、高コスト体質な事でしょうねえ。 実際「仁川は、ハブだ!すごい!」と言っても、アシアナ(OZ)と大韓航空(KE)のハブ(韓国の航空会社だから当然だよね?)に過ぎないわけで、KEとOZがアジア便しか…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

本社所在地と関西の地盤沈下(前編)

井上さんと障害報告さんのブログで話題になっていたのですが、 たしか、70年代には大阪という土地は転出超過が始まっていた記憶があります。つまり、大阪は人口減少が、都市の活力を奪いさらに人口減となる悪循環が、東京(と名古屋)は、人口増がさらなる活力を産み、人口増加をする好循環が起こっている(いた)のは間違いがないでしょう…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

功績は俺、責任はお前

【日曜経済講座】編集委員・田村秀男 脱デフレ待ったなし http://money.goo.ne.jp/investment/news/keizai/sam20100103017.html 日本のインフレ目標は、政府と日銀の政策合意が前提となる。もともと日銀の白川方明(まさあき)総裁はインフレ目標の効果を否定し、09…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新・ガラパゴス考

どうも「ガラパゴス」という言葉に違和感を感じていて嫌いな言葉なのですが、それはなぜかと改めて考えてみました。 一応本来は「日本が独自の進化を遂げているけど、世界はそれより低い規格で満足しているから、結果日本製品が売れなくなって世界から取り残される」という意味なはずですが、本来きちんと消費者に受ける物をマーケティングして作っていれば「…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

実感なき恐慌

日本はこの15年間殆ど成長していないのに、世界の国は2倍以上成長しているという話を聞いたことがあります。まあ、比較対象がバブル経済下にあったアメリカの他、どの国かよく分からないのですが、結局のところこの人も今が普通の経済の延長線上という認識でしているのでしょう。 しかし、結局の所、今の日本というのは「実感なき恐慌」下にあるのです。な…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

イノベーションのジレンマに嵌った世界の財務当局

http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/31614729.html ダーウィンの罠 中編 どうも、これを見ていると、本質はやはりと言うべきか、意外とシンプルなのではないかと思います。財務省が財政再建にこだわるのは、財務省の陰謀とか言っていたけど、じつはただ単に正しく実…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どっちも正論だと思うんだけどなあ

http://mainichi.jp/select/biz/katsuma/k-info/ 勝間和代さんのデフレ退治策、菅直人副総理は納得せず 勝間氏が「リフレをやれば日本は蘇る」という趣旨の発言を菅直人国家戦略担当大臣にレクチャーしたそうなのですが、このレク内容が、池田信夫氏のシャクに障ったようで、 h…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

続・成長の限界

なぜ日本の経済が低迷しているのか? なぜ日本の財政が悪化したのか? それらの答えはただ一つ、民間が借金をしなくなったからです。 経済において借金が需要なのは以下のたとえ話がわかりやすいと思います。 たとえば、100万のお金があるAさんと、商売を始めたいけど開店資金に100万必要だけどお金がないBさんが居たとしま…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more