自殺の真因 ~昭和一桁・焼け跡世代は死の世代か?~

田植え祭まとめ@Wiki http://www25.atwiki.jp/tauesai/

まず始めに、麻生総理からバレンタインカードの返事がキターまさか本当に送ってくるとは・・・。感激もひとしおです。あのときは本当に危なかった。まあT部さんみたいにKYなことを言う連中も居ますが、小池百合子氏も「麻生を支える」と仰ってくれたのでマスコミの期待とは裏腹に小沢事件で自民の結束は固まったのでしょう。

では、本題です。予告した自殺関係のエントリーです。最近自殺が増えた要因として「経済苦」だの「若者が希望を持てない」だのと言われているのですが、どうも私には表面的な上っ面だけに思えて仕方がないんですよ。なんせ自殺の要因でトップは下のグラフをお読みいただければわかりますが今も昔も健康問題ですから。



また、3万人を突破したと言われていますけど、98年に異常とも言えるレベルで急激に上昇しているのは怪しいと前々から思っていましたが、三橋氏のブログで自殺について話題になったときに、「自殺対策白書」の「平成10年における自殺者数の急増要因」なるPDFがあったのでご紹介します。

 また、自殺は環境要因によって大きな影響を受けるため、一般に、戦時中や好景気では自殺者が減少する一方、不景気では自殺者が
増加すると言われている。我が国の戦後の自殺者数の推移をみても、高度成長期やバブル期に自殺者が減少する一方で、円高不況下の
昭和60年前後には自殺者が増加している。(中略)このような環境要因の影響が、ある特定の時代に生まれ育った人々の間に非常に強く
作用し、世代効果とも言われる自殺における世代的特徴が観察されることがある

特定の世代って誰よ?と仰るかもしれませんが、それが今回のキモです。実は、昭和一桁世代から昭和15年世代にかけての世代は若いときには異常な値を示しているのです。




98年頃に自殺率を大きく押し上げた当時50代後半の世代である、戦時中生まれの世代はその前の世代程じゃないけど、戦前世代と同じくらいの自殺率を記録しています。ちなみに時代ごとの推移をグラフ化した物は下です。



70代の自殺率は一貫して低下傾向にあります。この表では出ていませんが、2003年以後、50代以上の世代も低下しています。
しかしながら15~34歳は現在でも上昇傾向です。そうすると「ほらみろ!今の若者は希望が持てないせいだ」とか自分たちが若者に希望を持てない時代を作ってたことを棚においてマスコミ様がまたぞろ社会批判を開始するでしょう。しかし、それこそが自殺を防ぐキーワードなのです。


じつはWHOが勧告する「自殺を予防する自殺事例報道のあり方」というものがあります。
それによると、

すべきこと
 ・健康に関する事実を提供するさいの責任者は、注意深く行動する。
 ・自殺か自殺未遂かということだけを報道する。
 ・関連する情報だけを、同じページで提供する。
 ・自殺に代わる方法を示すこと。
 ・ヘルプラインや各地域の支援機関を紹介する。
 ・危険な兆候や、警告サインを知らせる。

すべきではないこと
 ・写真や遺書を公表しない。
 ・自殺の詳しい内容や、方法を報道しない。
 ・自殺の理由を単純化して報道しない。
 ・自殺の美化やセンセーショナルな報道を避ける。
 ・宗教的、文化的な固定観念で報道しない。
 ・断罪しない。

笑っちゃうくらい全部守ってないですねえ。自殺のそのもの以外の自殺報道なんて「この不況は10年前と似ている!きっと自殺は増えるに違いない!自殺予防対策部署はどうしている?」とか自殺予防にはつながらないそんな下らない話題だけで、たまに自殺予防ホットラインなんてのがあったら紹介する程度でしょうか?だけど、そんな散発的な紹介だけではまったく自殺予防にはつながりません。おそらく自殺者が4万5万と増えていって、そして「ほら日本はこんなに悲惨ですよ~」と煽りたいとしか思えません。じゃないなら地デジと同じくらい熱心に予防キャンペーンをやるべきでしょう。

本気で今の自殺数に危機感を持っているならふんぞり返って「政府は何とかしろ。俺は悪くヌェー」と言うばかりでなく自分の手で掘ることを覚えて欲しい物ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

五月雨祭
2009年03月19日 21:45
>自分の手で掘ること
これが全ての事を解決する鍵なんですよね・・
漫画雑誌モーニングのエンゼルバンクの最後に有るコラムもそういう事書いていてやっぱり地道に積み上げていくしか無いのでしょうね(時間が何処まで待ってくれるか思いを馳せつつ
2009年03月19日 22:12
>やっぱり地道に積み上げていくしか無い
結局そこですよね。マスコミの偏向を改善するのも自殺を無くすのも。
やんやな
2009年03月20日 13:38
鉄道飛び込みをなくすためにはホームドアが必要です。
新幹線や今里筋線のようなホーム柵では簡単に乗り越えられるので、京都の東西線のように全体を覆う形態のものがいいでしょう。
これでホームからの飛び込み自殺はなくせます。
2009年03月20日 18:16
いや、東京メトロ南北線も同じような全面覆うタイプだけど開業直後にガラス割って飛び込んだ猛者が居たそうです。つまりそういうことです。
やんやな
2009年03月20日 19:16
それではホームドアの材質はガラスをやめてはどうでしょう。
電車の到着状況を見るためには201系のように小窓にしてガラス部分はきわめて小さくする。
圧迫感云々は人名の前には説得力はありません。
つまりはエレベータのような構造にしてしまえば、ガラスを割って軌道内に侵入などはありえません。
大阪市なんかは第三軌条の路線がほとんどなので軌道内立ち入りの可能性はできるだけ少なくするべきです。
2009年03月20日 20:18
ホームドアといっても特急のような2扉から首都圏の一番混む車両に連結している6扉まであるわけですし、その4扉車でも車両によってバラバラってケースすらあって、なかなか難しいものがあるでしょうね。京三製作所が3・4扉両用のホームドアを研究して居るみたいですけど。それだって二種類までですし。
2009年03月20日 20:32
ちなみにそのことを取り扱った動画はURLをクリックして下さいませ。
KAZ
2009年03月22日 08:28
自殺者への対応は、原因第1位が健康問題なので、その方面からのアプローチが肝要と思われますが、経済問題に絡めた報道が多いのが疑問ですねえ。
2009年03月22日 10:15
自殺の理由を単純化して報道するって自殺報道のタブーなんですけどね。日本のマスコミの人って、物事を単純化しないと処理できない子なのかね?
いろはにほへと
2015年05月24日 13:23
カスゴミも理解出来るように単純化してるだけの話。右巻きの皆様に言わせると高い民度の国民やから、単純化してやらんと理解不能だべよ

この記事へのトラックバック