現実を見ないという点で一貫しているエネルギー政策

政府が詰めの議論を進めるエネルギー・環境の選択肢に対し、産業界から実現性を疑う声が噴出している。 エネルギー・環境会議 (議長古川元久国家戦略担当相) は6月末に原子力発電比率を軸に3つのシナリオを示したが、 経済・業界各団体からは共通の前提とした経済成長率と成長戦略の整合性を問う声や、省エネルギーの目標が現実的でないと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more