三沢光晴、リングに死す

驚かれた方も多いのではないでしょうか?

プロレスラー三沢光晴さん、試合中に倒れ死亡
http://www.asahi.com/national/update/0613/OSK200906130146.html

13日午後8時45分ごろ、広島市中区基町の県立総合体育館で開かれていた「プロレスリング・ノア」の試合中に、プロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、救急車で病院に運ばれた。広島中央署によると、同日午後10時10分に死亡が確認された。同署はノアの関係者らから試合状況などの事情を聴いている。

同署などによると、午後8時10分ごろにタッグマッチ形式で試合が始まり、約30分後に相手選手にバックドロップをかけられ頭や首を強打し、リング上でそのまま動かなくなったという。

ノアの公式サイトによると、倒れた後、すぐにレフェリーが試合を中断し、他の選手らが自動体外式除細動器(AED)の措置や心臓マッサージを試みたという。観客数は約2300人だった。

あまりに突然だったので、「三沢光晴さん死亡」と言う見出しを見ても誰の訃報か判りませんでしたが、記事を見て驚きました。
プロレスに興味がない私でさえ、馬場や猪木とともに名前を知る数少ないレスラーだっただけに、プロレス界へのショックとダメージは計り知れない物があるでしょう。

良くファンから冗談交じりに「ノアはガチ(真剣勝負)」とか、レスラーから「リングで死ねたら本望」という声がありますけど、それらがこのような形で実現してしまうとは言葉が出ません。

思えばプロレス界は八百長路線が嫌われたのか、石井慧がデビューした総合格闘技界や、内藤大介や亀田兄弟を拝すボクシング界と比べ明らかに元気がありませんでした。今後も格闘技によるエンターテイメントは残り続けるでしょうが、これがプロレスというエンターテイメントはこれが瓦解のきっかけとなってしまうのかも知れません。

ご冥福をお祈りします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック