公務員と国家予算増やしても良いんじゃない?

二日ぶりのエントリーです。三橋さんの日本国のバランスシートご覧になりました?
まだの人はこちらから。

・・・全然健全じゃないですか。日本のバランスシート。
政府の負債しか見ないで財政破綻寸前とアジる連中は馬鹿なの?死ぬの?
やっぱり、日本のインテリどものDY(データ読め(ま)ない)は深刻なようです。

健全なのに、予算を絞るという今の状況が、障害報告さんがことあるごとに仰る「セコイ政府」につながっているのでしょう。財政危機という呪縛から解かないとこれは大変なことになります。いや、福祉の分野でそうなっているでしょう。言い方は悪いですが、一番福祉を削るのが手っ取り早いですから。夕張でもIMFでも一番やるのは福祉の切り捨てなわけですし。もちろん福祉の充実には消費税の増税も避けられない課題ではあるんですけど、いずれにせよあまりケチケチしている場合ではなくて、パーッと使うくらいの気持ちじゃないといけないでしょう。それが閉塞感なるものを産む一因でしょう。もちろんマスコミが流布しているからというのが最大の理由でしょうが。

ケチケチと言えば、公務員の数も多いと言われていますが、実は全然少ないのです。

www.dir.co.jp/souken/research/report/capital-mkt/capmkt/05093001capmkt.pdf -
人口1000 人当たりでみた公務員数は、日本35.1 人、ドイツ58.4 人、英国73.0 人、米国80.6 人、フランス96.3 人とされている。「政府企業」のカバレッジなどが判然としないが、これを見る限り、わが国の公務員数は諸外国よりも格段に少ない。

なんとアメリカの半分以下です。そのことは生産性にも表れていて、現状とほぼ為替レート(89円)では日本の公務員はアメリカのそれよりも2.26倍も生産性が高いことになります。→(参考


あれ?公務員は数が多すぎて、怠け者だから生産性が低いんじゃないの?


もし日本の公務員が怠け者だったら外国の公務員はどれほど怠け者なんでしょうかね?それこそ1時間仕事したらすぐ帰るのでしょうか?(笑)

それはさておき、このグラフをご覧いただければわかるのですが、実は労働需要というのは増え続けています。だけど、増えているのは非正規の仕事ばかりです。つまり、正規社員を必要とする場はどんどん減っている少なくとも割合から言えば減少傾向(追記:2005~07年は67万人ほど正社員が増加しています。)なわけです。民間企業をやり玉に挙げて「怪しからん!御手洗はトイレに流せ」と喚いているくらいなら、「正規」公務員の数を今の倍とは行かないまでもどんどん増やすしかないと思うんですよ。

「民間に出来ることは民間に」というのは要するに「官にしか出来ないことは官がやる」ってことです。民間が厳しい競争に置かれ、どんどん正規社員が要らなくなっているんだから、官が労働環境を増やすしかないんですよ。

だけど、それを邪魔するのは言うまでもなくマスコミです。

「公務員は多すぎますから減らしましょう。ところで、人口1000人当たりの公務員の数はアメリカの半分以下だそうです。」
なんてことを言ったら、減らすどころか、「増やしても良いんじゃない」という声が起こっても不思議ではありません。それじゃ自分たちのメンツが丸つぶれです。

国際化国際化と言いつつ、外国はどうなのかという視点がまったく皆無なのが日本のマスコミの病巣なんだと思います。
なんせ普段あれほど肩入れしている特定アジアとの比較すらないんですから。株式会社だからあまり期待するのも酷なんでしょうが、国益よりも自分たちの利益ならまだしもメンツやプライドのほうが大事な今の現状はなんとかしないといけません。

また世論も邪魔をするでしょう。一度常識がデファクトスタンダードになるとなかなか変えられませんからねえ。「ピラミッド=奴隷の徴用」説が否定され、テレビ番組でもたびたび取り上げられていてもなお、「ピラミッド=奴隷が建設」と見る人が多いです。ビートたけしじゃないですけど、「常識があぶない」のが今の世の中だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年02月13日 17:39
つい筆が滑って間違った情報を書いてしまいました。
しかも以前データを出して論破した話題を(汗)

きっと総理大臣だったら、「ぶれている」と言われて猛烈に批判されたんだろうな。なりたくない仕事だ。
mute
2009年02月13日 18:14
大きな政府(笑)って理解でいいですかな?w
2009年02月13日 18:42
なんですか?その笑いは?
まあ、小さいか、大きいかと言われたら後者でしょうね。まあ、そんなのはくだらないレッテル張りだと思っていますが。
かせっち
2009年02月13日 20:26
>国際化国際化と言いつつ、外国はどうなのかという視点がまったく皆無なのが日本のマスコミの病巣なんだと思います。

というよりは、都合の悪い情報を流していないだけでしょう。逆に自分の主張に都合の良い外国情報は無定見に垂れ流すのがマスコミの得意技。

こういう「知識の不平等」「情報の非対称性」を弄するのは詐欺師の手口なのですがね。
2009年02月13日 22:04
>逆に自分の主張に都合の良い外国情報は
>無定見に垂れ流すのがマスコミの得意技。
そうですよねえ。何かの世界ランキングは普通は国威発動の手段なのに、日本は自国を貶めるための手段ですもんね。(スポーツ関係は別)


おじゃまします。
2009年03月07日 18:24
「民間に出来ることは民間に」というのは要するに「官にしか出来ないことは官がやる」ってことです。民間が厳しい競争に置かれ、どんどん正規社員が要らなくなっているんだから、官が労働環境を増やすしかないんですよ。

だけど、それを邪魔するのは言うまでもなくマスコミです。

2チャンネラーも公務員叩きが多いですね。公務員を十把一絡げにした論調が多くて閉口します。公務員に不祥事があることも確かですが,その割合が,一般の国民と比べて多いといえるのかはかなりの疑問です。妬みとか僻みから叩いているだけのような気がします。
ネットでも,あかさたなさんの様な方が増えてくれることを願っています。
2009年03月07日 22:26
仰るとおりだと思います。いろいろな人のブログに出会いましたが、現場の人は異口同音でかなりの割合で「マスコミは何も判っていない」ということを仰っていました。

情報というのは羅針盤だと思うのですが、それがきちんと北を向いていないで、変な方向を指し示している。多分戦前からこんな調子なんでしょうが、これではまた過ちを犯しますよ。
失礼します
2009年05月19日 21:24
人数だけに言及されていますが、日本以外の国は公務員の数が多い分給与は民間の平均並みでかなり低いです。日本の場合給与が民間平均の倍もあるので結果的に予算に占める公務員の人件費(約40兆円で国家予算の半分です)は高く、民間との大幅な所得格差という弊害をもたらしています。

私の姉はよく役場の臨時職員として事務をしに行きますが、役場の職員のことでよく愚痴っています。いわく、ワードやエクセルなどの基本的なソフトすらほとんど使いこなせず臨時職員にやらせるそうです。それで正規職員は何をやっているかというと、単純な書類整理を丸一日かけてゆっくりやり、複雑な書類作りは臨時職員任せで、それでも余る時間は世間話か何もせず椅子に座っているだけだそうです。
失礼します
2009年05月19日 21:29
地方公務員の平均年収は707万円だそうですが、その仕事ぶりでこんなに貰っているというのは国民として腹が立ちますね。だってその給料は私達の税金から出てるんですよ?そんなに暇で、しかも臨時職員を雇わないと仕事が出来ないなんて普通の会社なら即クビですよ?職員総入れ替えで不景気で職にあぶれた事務系派遣を年収300万円程度で募集したら希望が殺到するでしょうね。そのほうがサービス面、生産性、コストすべての面で改善されると思いますよ。
2009年05月20日 07:48
そもそも役所の忙しさや職員の有能さは、村>町>市>政令市>都道府県>霞ヶ関だそうですし、一つの役場の事例が全て当てはまるとは思えません。
それに、400万人もいる公務員を全員クビにしたら、世の中パニックになりますし、300万の人を400万増やしたら、それだけ消費活動が減少し、内需がダメになります。
それに、公務員の年収も臨時職員を含めていません。
(ちなみに年収の国際比較では外国が低く出ていますが、臨時職員はどうなっているのかは注意する必要があるでしょう)
よってあなたの意見は全くの非現実的な意見です。

この記事へのトラックバック