アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「雑記」のブログ記事

みんなの「雑記」ブログ

タイトル 日 時
相撲の八百長問題は日本人の心が狭くなった証拠である
http://number.bunshun.jp/articles/-/86799 大相撲の「八百長」って何だ!?(Number Web) このコラムは1980年の物ですが、特に八百長問題については1980年に書かれたとは思えないほど論点が変わっていないことを旧態依然と見るのかどうかは別として、今回の問題、ひいては相撲の本質はこのコラムに集約されていると言っても過言ではないでしょう。 不況でお金が無くて、みんな余裕がないのか、この30年の間に、日本人は確実に器が狭くなっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/02/12 11:23
父・博満の寡黙な仕事を愛する
「福嗣君(中日・落合博満監督の息子)のコラムが良いこと書いている」と聞いて、「なんでぇ」と思ってたのだけど、実際読んでみたらすごかったので、全文紹介をしたい。 嫌われてもオレ流 父の寡黙な仕事を愛する いつのころからだろう。「背中で語る男」や「寡黙な職人仕事」に世間が敬意を払わなくなったのは。 私は寡黙であるがゆえに批判を浴びる父の姿を見て、そんなことを考えている。 そう。私の父はプロ野球・中日監督の落合博満である。 選手としても監督としても実績は十分だ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/26 13:19
毒舌タレントの状景
マツコ・デラックスを見ていて思ったのですが、私は個人的に、彼のような毒舌タレントが苦手なのって、「虎の威を借る狐」な芸風だからなんじゃないかなと。 タレント自身も何も生産していないいわば「二次創作」だし、支持者もまたそのタレントの「虎の威を借る狐」というか取り巻きみたいなんですよねえ。 こうしてみると、毒舌タレントって一種の権威なんだと思うんですよ。視聴者が思っている最大公約数的な意見をテレビという公共財を使って、タレントに代弁させる。そうすればその意見がテレビとタレント二重の意味で権威... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/13 18:16
地獄への道は浮世離れした者たちが作り上げる
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4692 なんていうかミゼットプロレスの顛末を見ているような話ですなあと。このミゼットプロレスというのは、女子プロレスの前座に行われていた興行のことなのですが・・・。 http://ja.wikipedia.org/wiki/全日本女子プロレス いわゆる低身長症の人間が行うプロレス。通称「小人プロレス」。(中略)かつては低身長症者は奇形の如く扱われ、就職などで差別されることも現在とは比べ物にならないくらい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/10/23 19:44
テレビアニメはアイドル商売だ
民主党の代表選挙は他でさんざん語られているので、ここでは語りません。ただ、小沢派を外せば挙党一致大勢が崩壊して、小沢派を入れれば、世論の総スカンという内憂外患状態をどうするのかが注目です。 さて、タイトルの通りですが、DVDのランキングを見ていても、なんかアニメというのは非常に異質な気がするんですよ。漫画や映画よりも遙かに狭い市場のはずなのに、良い作品が売れるのではなくて、ミーハーなタイトルばかりが上位になっているのです。 言い換えれば、アニメファンが財布の紐を緩めるのは、演出や脚本のク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/15 16:16

トップへ | みんなの「雑記」ブログ

ブログパーツ
あかさたなの執行実験場 雑記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる