あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 自前主義に拘りすぎるな

<<   作成日時 : 2010/11/03 20:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近よく聞くのは「日本は海外で勝負しないと生き残れない。」という論調ですが、こういうのを聞いてみたら、まるで「ゼロから海外拠点を作る」か「全て自前」で行うことにしか関心を持っていないような気がするのですよ。

だけど、私は買収だとかチームや個人の引き抜きのような変化球も必要で、直球とも言える自前主義ばかりでは駄目なのだと私は思うのです。ピッチャーだって、ストレートだけしか投げられない選手は居ないわけで、場合によって、変化球と直球を組み合わせて投げるのは当たり前です。

そもそもそういう状態に陥ったのは、「戦後の自動車と電機メーカーがゼロから海外拠点を付くって成功した例に拘りすぎているんじゃないのかな?」と思うのです。

そもそもあれらが成功したのは電化製品も自動車も少ない時代だったし、変化も少ない牧歌的な時代だったという点が大きかったと思うんですよ。だけど、今じゃあ変化のスピードがもの凄いし、日本は後発組だから、参入する隙もないんだけど、そういう連中に限って「今はスピード勝負だ」という始末なのが頭痛い。

さらに言えば、日本が何かを売るときに、全て日本企業で固めるような風潮があるのも問題だと思います。まるでビジネスをオリンピックのような国威掲揚の手段とでも思っているのでしょうかね?

だとしたら、ビジネスは法に触れない事以外はドーピング・反則なんでもありの世界で、わざわざ「純潔打線」に拘る理由が何処にあるのか?と私は思うのですよ。案件によって国内外の企業が離散集合を繰り返し、確実に点を取るそういうあり方こそがビジネスの本義なのだと思うのですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
自前主義に拘りすぎるな あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる