あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 潮目の変化を認識できない人々

<<   作成日時 : 2010/06/29 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

角界賭博問題は、琴光喜の追放にまで発展した模様です。朝青龍といい名力士がこんな形で引退に追い込まれるのは非常に残念だと思います。

しかし、今回の相撲界の問題というのは角界が世間から取り残され、潮目の変化を認識できないことにつきると思います。

その昔暴力団は、終戦直後の警察力が低下した警察に変わり、治安を守ったりして、世間(警察も!)と暴力団が密接だった時代があり、例えば、山口組の組長が美空ひばりの事務所をつとめたり、警察の一日署長を務めていたりしても何も言われなかった時代がほんの4〜50年前まであったのです。

そして、社会も当の暴力団自身も変わったのに角界だけが変われず、暴力団となあなあのつきあいを続けていたというのが今回の問題の実態ではないでしょうか?

そして、潮目の変化を認識できない人が、一般社会にも居ます。昨日から始まった高速道路無料化の事です。「世界の高速道路は無料」とは言いますが、実はドイツでもアメリカでも有料化の流れが進んでいますし、「高速道路料金は高い」と言っても、外国は交通権というものがあり、公共交通も採算度外視の廉価な値段で運営されているのです。角界をみんなでよってたかってdisっていますが、実は自分たちも変化から取り残されているのではないでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここは酷い押蒔き押植えですね
喧嘩両成敗の誕生 (講談社選書メチエ)講談社 清水 克行 ユーザレビュー:法律を学ばれた方にも ...負の連鎖を阻止する大 ...必読の面白さ とにか ...Amazonアソシエイト by ちょっとしたことですぐにキレて殺し合いになった室町時代 そしてもめ事を自力救済で解決するしかなかった時代 そんななかで双方の納得の元で喧嘩を収める基準が必要となった そのために相手が納得するように犯人を差し出す方法を考えたり 抗争の死傷者が均衡するところで手打ちにする、ということを考えた ... ...続きを見る
障害報告@webry
2010/07/02 02:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>社会も当の暴力団自身も変わったのに角界だけが変われず、暴力団となあなあのつきあいを続けていたというのが今回の問題の実態ではないでしょうか?

あとこれは穿った見方かもしれませんがやはりこういったことが表立つようになってしまったのも暴力団というものの力が相対的に低下して来ているのではないでしょうか?
もちろん社会通念の変化というのが最も大きいとは思えますが以前なら問題とされず仮に問題となっても抑え切れたものが抑え切れなくなったというところに何となくそういったものを感じた次第です。
雲隠れ遁助
2010/06/30 02:26
暴力団の数も減っているみたいですしねえ。
あかさたな
2010/07/06 15:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
潮目の変化を認識できない人々 あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる