あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼロ年代を振り返って・・・。

<<   作成日時 : 2009/12/31 15:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

というわけで、2000年代、そして2009年最後の日なのですが、
この10年の政治や経済を振り返ってみてみると、さまざまな概念というかキャッチコピーというか四字熟語が生まれた10年というのも珍しいと思います。

「構造改革」「政権交代」「財政健全化」「郵政民営化」「骨太の方針」「ハブ空港」「格差社会」「ガラパゴス化」 「地方分権」

まあ、ざっと思いつくのはこれくらいだけど、その殆どバズワード。つまり意味のない、誰もが幾らでも解釈できる曖昧な言葉なんですよねえ。多分、このほかのワードを含めて検証しても、おそらくこの10年の政治経済関係の新語で郵政民営化くらいしか、きちんと定義が定まっている言葉はなかったと思います。

三橋氏が指摘するように、日本語というのはそれだけ「曖昧で、情緒が豊かな」言葉であると言うことなのでしょうが、しかし、西洋の言葉というのは定義がはっきりと定まっているわけで、近代民主主義も西洋文化が元であると考えれば、この曖昧な言葉というのは政治においては非常にマイナスであると言わざるを得ないでしょう。

良く言われるような政治家の言葉が軽いと言われる理由も、政治力が低いとされる理由も多かれ少なかれ、日本語曖昧問題に集約されるのかも知れませんし、各人が各々に解釈可能な言葉を世の中に氾濫して置いては、問題解決など夢のまた夢でしょう。

しかしながら、だからといって日本語を捨て、英語に移行せよというのも余りに非現実的な選択であります。まあ、ブータンのように現地語があまりに近代社会に耐えうるような語弊が少ないが故に英語が事実公用語化せざるをえない国も存在しますが、これには言葉に関わる全ての人が日本語の特性を理解して、しっかりと説明責任(ってこれもバズワード気味だよなあ)を果たすというのが本来の筋でしょうが、モチベーションの低い日本のマスコミの皆様にそれが出来るかどうかはまた別問題でしょうねえ。

では良いお年を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、私はMではないのでこうも自虐的な言葉が世間に流布されるのは非常にストレスになります。世の中にはMが主流派なんですかねぇ。いやな世の中だ(^^;。

良いお年を!
クマのプータロー
2009/12/31 18:02
逆に考えるんだ・・そうやって流動化が著しいお陰でどんな悪い事も被害を最小限に抑えられると。
まあ・・来年は良くなるカモ。
良いお年を。
五月雨祭
2009/12/31 20:46
みなさまあけましておめでとうございます。
今年こそ良い年にしたいですね。
あかさたな
2010/01/01 13:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
ゼロ年代を振り返って・・・。 あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる