あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 25年近く前から国は「日本の空港は国際競争から取り残される」と言い続けている。

<<   作成日時 : 2009/12/01 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近,東南アジア諸国のなかでも,滑走路3本を持ち,現在の新東京国際空港と比べて空港総面積で3倍以上(1,663ヘクタール)のチャンギ国際空港(シンガポール)のような大規模な国際空港建設の動きが活発化しており,このままでは新東京国際空港は国際航空路から取り残されかねない。

どこかで聞いたことがあるような文言ですが、これ、昭和61年の運輸白書が元ネタです。それから、20数年たちましたが、未だにアメリカの航空会社のハブは成田に置かれており、そのことから見たら、いかに的外れなことをこの数十年言い続けていたかがよく分かると思います。

財務省以外の省庁がこういう嘘を言うのは、予算確保のポジショントークなのでしょうが、財務省までが「財政危機だ、増税しない死ぬ死ぬ詐欺」をするのでしょうか?

財政危機まではけん制なのでしょうが、増税まで言い出し、国債発行を躊躇するのはなぜなのでしょうか?

私が思うに、国債や財産の管理を行なう理財局、予算を組む主計局、税制をくむ主税局とのマスコミや国民を巻き込んだ権力闘争なのではないかと言うことです。もしそうだとしたら、ただ単に主計局をバラしただけでは無意味な気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
25年近く前から国は「日本の空港は国際競争から取り残される」と言い続けている。 あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる