あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS イノベーションのジレンマに嵌った世界の財務当局

<<   作成日時 : 2009/11/16 17:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/31614729.html
ダーウィンの罠 中編

どうも、これを見ていると、本質はやはりと言うべきか、意外とシンプルなのではないかと思います。財務省が財政再建にこだわるのは、財務省の陰謀とか言っていたけど、じつはただ単に正しく実態を認識していないだけなのではないでしょうか?もしそうだとしたら、私が一番腑に落ちる説なのです。

そして、日本の長期低迷の原因は、「何かの」変化や少子化なのではなく、恐慌経済(あるいはBS不況)に陥ったことを理解出来ないことが根本なのではないかということです。この低迷の原因も、あるいは財務省がリフレを行なわない原因もあまりに膨大に議論されてきましたが、現状について愚にもつかないことを難しく考え過ぎていたのではないでしょうか。

「頭の良い財務省が実態を認識しない?」と思われるかも知れないけど、三橋氏曰く恐慌経済というものは4回しか経験しておらず、おそらく体系立てて経済学で取り上げられていない状態であり世界のコンセンサスではない(というかどちらかと言えば異端の説)そして、財務当局がいわばある種の「イノベーションのジレンマ」(既存技術の改良のみに大企業がとらわれ、新たなニーズを取りこぼすこと)にはまっている可能性があることです。

そして、今最大の問題は、「イノベーションのジレンマ」に嵌っているのは、日本だけではなく世界中の財務当局がそれに陥っている可能性があることです。何せ日本の財務当局を嗤ったバーナンキ氏率いるFRBでさえ、早くも出口戦略と言い出しているのです。このことは、サブプラ危機や恐慌というものは、風邪とインフルエンザほどの違いがあるのに、普通の経済不況の延長線であるという認識しかされていないことなのではないでしょうか?

問題は、イノベーションのジレンマに嵌ったとしても、財政にはベンチャー企業が存在しないこと、つまり自分で気が付くしかないと言うことなのです。非常にこれが難儀な話であり、気が付かないといつまでも経済が低迷したママというやっかいな事になってしまうでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
財務省の国債増発嫌いに関しては、まあ陰謀論に近いんですけども
財務省が役人の頂点に立てる所以は予算査定権にある、青天井で国債を増発されては、いくら予算に切り込もうとしても効果が無い、だから上限のある、むしろ減少する予算環境の方が財務省の権力は増すんだって説明があります。
渇水時の水売り商人は強いみたいな理屈でしょうか。

実態とは少し違うような気もしますので、そんな話もあるといった程度で
KAZ
2009/11/17 17:49
IMFも緊縮大好きだったりするし、これは財政屋の佐賀なのかも。
あかさたな
2009/11/18 20:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
イノベーションのジレンマに嵌った世界の財務当局 あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる