あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 死刑廃止の前にやることがあるだろう

<<   作成日時 : 2009/09/07 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

http://d.hatena.ne.jp/good2nd/20090905/1252124034
新政権に、死刑執行の停止を期待する

お忘れですか?民主党には少なからず自民党の政治家の残党がいること。故に革新勢力が期待し、保守勢力が懸念する程鳩山由紀夫は左じゃないと思うんですよ。

そもそも死刑廃止論者の主張はおもに3つなのですけど・・・。
 

  1. 死刑廃止が世界の趨勢だ
    そもそも世界の趨勢だから従えというなら軍隊を持つことも、原発を拡大することも世界の趨勢です。今時、脱・脱原発を挙げていないのは原発大国のフランスから電気を買えるドイツくらいです。

    また、少なくともリーマンショックまでは新自由主義も世界の趨勢でした。世界の趨勢で論じていたら、都合の悪いことも「世界の趨勢だから」と押し切られる隙をつくるのです。ちなみに徴兵制は廃止が世界の趨勢です。おめでとうございます。

    まあ、都合の良いときだけ「世界の趨勢」を持ち出すのはこれは右左関係ない話ですけど。

  2. 冤罪の可能性があるから反対だ
    これは、鉄道に衝突安全ボディを導入しようとするようなもので、「起こってからどうするか」を考えていると言えるでしょう。

    だけど、終身刑だけにしてもその人の時間は戻ってきませんし、そもそも日本の司法制度においては、ATCの設置であったり、ホームドアの設置のような「そもそも起こさない」対策は果たして十分と言えるのでしょうか? もし、「そもそも起こさない」対策が不十分であればそこを潰すのが常道ではないでしょうか? 「起こってからどうするか」の対策をするのは、自動車のようにそれを実現するのがものすごくハードルが高い場合に行なう次善の策に過ぎません。

    また、そもそも「死ぬ可能性」はどんなものにも無数にあり、死刑を廃止したからと行って、そのリスクが取り除かれるわけではありません。

    いくら何でも隣の国のように思想が違うだけで、死刑にされたり、訳のわからない理由で死刑にされて部品取りにされたり、あるいはイスラム教国のように強姦の被害者(加害者にあらず)が死刑にされるよりはマシだと思うのですが。
  3. 死刑は人権に反する
    死刑廃止論者の中には終身刑を導入する代わりに死刑を廃止しようという声がありますが、終身刑には“絶対的終身刑”と“相対的終身刑の二種類があり、日本はすでに無期懲役という形で相対的終身刑を導入しています。

    しかしながら、そもそも人権の観点から死刑を廃止するという考え方の根底は「どんな悪人でも更正の可能性がある」という考えのはずで、実際死刑廃止国でさえ絶対的終身刑を導入している国は限られてきます。その意味で更正の可能性を閉ざす絶対的終身刑は更正の可能性を閉ざす「緩慢な死刑」そのものであり、人権が確保されているとは言えないのではないでしょうか?

    「ただ生きているだけ」の状態を人権が確保されているというなら、それこそ派遣労働も強制労働も人権が確保されている状態となってしまいます。

    他方、無期懲役から仮釈放した元受刑者が再び強盗殺人を犯し死刑になったケースもあることは、日本の更正プログラムが問題であることを示していると言え、更正プログラムの再考が必要であることは紛れもない事実で、それを厳罰化で無理矢理解決させている節はあると思います。もっとも、最大の要因はマスコミが事件報道を面白おかしく報道し、ミスリードしていることにありますが。

生きているだけでマシと言いたいのかも知れませんが、せっかく目指すならBetterではなくBestを求めるべきではないでしょうか?世の中の政策は得てして、様々な大人の事情からBetterな物にならざるを得ないものです。最初からBetterを求めていることも、死刑廃止が成立し得ないのではないでしょうか?

それと、死刑廃止論者のブログを見てもなんか、「大事な人が殺されるかも知れない」とか「もう殺すのは止めよう」とか感情論ばっかりで、死刑賛成論も多くは感情論だと思うのですが、感情論vs感情論じゃ水の掛け合いに終始するでしょうよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
根底は感情論なんだと思いますよ

個人間の復讐権を取り上げる替わりに、国家が個人の安全と犯罪者への処遇を管理する。
最高刑としての死刑がないと、この制度への信頼が出来ない者達と、国家が死刑を執り行ってはこの制度を支持出来ない人達の
後はどっちが多いか少ないか、ずーっと死刑支持派が多いから日本に死刑制度が存続してるんでしょね
あー、中国の死刑制度は民意が反映されてるわけじゃないからこの読み筋からは除外
KAZ
2009/09/07 22:53
この手の左派の詭弁は、だいたい2ちゃんねるの詭弁15条のいずれかに嵌りますね。

詭弁の特徴15条
http://hunbook.hp.infoseek.co.jp/column/kiben.htm

死刑廃止論は鳩山というより、亀山静香に期待してると思いますよ。そのまんまの本を出してますし。

http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%BB%83%E6%AD%A2%E8%AB%96-%E4%BA%80%E4%BA%95-%E9%9D%99%E9%A6%99/dp/4763403893/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1252341081&sr=8-2
殻繰師
2009/09/08 02:27
>感情論
確かに。死刑論議というのは感情論と感情論のぶつかり合いですか。
それなら議論は進まないでしょうねえ。もっとも国民的議論自体ありませんが。

>亀井静香
多分、亀井氏は入閣するなら総務と考えていると思いますよ。
んで、もし、そうなった場合のJP社長の後釜だけど、総務官僚の天下りにするくらいなら内部昇格の方がマシなんですが。
あかさたな
2009/09/08 07:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
死刑廃止の前にやることがあるだろう あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる