あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS ダメだこいつ早くなんとかしないと

<<   作成日時 : 2009/09/18 19:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

郵政で1エントリーを書こうとしたのに、亀井さんがぶち壊しにした(笑)

http://mainichi.jp/select/today/news/20090918k0000e010065000c.html?link_id=RTH03
郵政事業:早くも不協和音 原口総務相と亀井担当相

日本郵政の経営形態の見直しを巡り、亀井静香金融・郵政担当相が18日の閣議後会見で、原口一博総務相が17日夜に出演したテレビ番組で示した見直し案に対し「担当大臣は私。あの方の個人的な意見だ」と不満を漏らす一幕があった。原口総務相もこれまで「新しい郵政事業の改革法案を(亀井担当相と)協力しながら出す」と話してきたが、連立政権発足3日目にして早くも不協和音が響いた。

原口総務相は17日夜のテレビ朝日の報道番組で、郵便局の全国網を維持するため「持ち株会社と郵便局会社、郵便事業会社を一緒にする」との見直し案を明らかにした。

しかし、国民新党内では、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の2社も含めて一つの会社に統合する考えも根強く、亀井担当相は「(郵政民営化見直しは、原口総務相の)主管事業ではなく、絵を描く立場でもない。もちろん相談はするが、責任は私にある。そういう意味では白紙」と反発。一方、原口総務相は18日の閣議後会見で「一つの例です」と繰り返し、火消しに追われた。【望月麻紀】

どうやら、町田徹氏が早期に廃案になったと仰った、郵政事業一社化案をまだ国民新党は諦めていない様子です。
しかし、銀行と保険会社と物流業を一社が経営するという形態が本当に法律上可能なのでしょうか?
まだ、原口氏の案のように持ち株会社がかんぽとゆうちょを100%保有し続けるという形態にした方が現実的だと思うのですけど、
ついでに簡易保険法と郵便貯金法と財政投融資も復活させようという魂胆なんですかね?

正直福島みずほ氏よりも、3年間中小企業は借金の支払いを止めろとか言っておきながら、
「金融業界はモラルハザードでいっぱいだ」とか、鏡を見ろと言わざるを得ないような妄言を吐く亀井氏の方が、
日本にとって害悪であるとしか言わざるを得ません。当初の予定通り防衛大臣で良かったんじゃないですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
ダメだこいつ早くなんとかしないと あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる