あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 総選挙に関する雑感 その1

<<   作成日時 : 2009/08/31 09:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

今度の選挙は民主党が300議席獲得という圧勝に終わりました。 しかし、今度の選挙は鳩山氏のカリスマ性による物でも、民主党の政策が評価された物でもありません。

第一に自民党の敵矢によるところが大きいです。しかし、それだけなら程良い勝利に終わっていたでしょう。
問題は、マスコミが「政権交代」を熱烈に応援していたことです。

もちろん「政権交代して欲しい」なんて直接的には言っていません。しかしマスコミが口にする歴史的選挙という言葉は明らかに政権交代を期待しているとしか思えてならないわけです。そして、政権交代を既成事実化し、あれだけの議席を獲得させたわけです。(ここまでの議席を獲得したら、おそらく社民党の影響力はどうしても少なくなるというメリットはあります。)

おそらく鳩山首相誕生まで、マスコミは鳩山氏の人となりのすばらしさを持ち上げて高い支持率に持って行くことでしょう。
実はチャーチルよりもヒトラーの方がプライベートの人となりの方が、すばらしいのですが、どんな人間だって良いところの一つや二つあるはずでそこを見つけて徹底的に持ち上げれば、「良い人かも」という印象を作りだし、世論調査で高い支持率を得る。まさにマッチポンプ。

問題は、どこまで民主党ageが続くかですが、マスコミは私の見立てでは出来るだけ速く(出来れば毎年)選挙に持ち込みたいのではないかと思います。というのも、選挙というのはマスコミに利益をもたらしますし、二大政党になればなるほど、政策の代わり映えはしなくなります。(政策の継続性を考えたらやむを得ないことですが)

よってより良いイメージを作った方が勝ちなのです。だから、広告費は莫大にかかる。その広告費が欲しいから毎年選挙をするように仕向けるのではないか?というのが私の見立てです。

今回の選挙で改めてはっきりしたことは、我々の敵は民主党ではなく、マスコミなのです。民主党政権となって日本が終わりだと諦めている場合ではありません。

むろん早いに越したことはありませんが、真に正しい行為というのは手遅れになると言うことはないのです。実際、手遅れになるといって拙速に進めた事柄が結果的に間違いだったことは歴史をひもといても数知れません。

その日本のマスコミの問題点は、記者のレベルの低さと言い換えることが出来るでしょう。
記者のレベルが低いから、大衆に媚びた記事しか書けないし、おどろおどろしいBGMで味付けしないと見て貰えないし、
記者のレベルが低いから、数字を無視した印象論ばかり書いてくるのです。

記者のレベルが低い一因はベテラン記者が居ない(20年選手はマスコミには殆ど居ません!)こと、そして記者クラブがあることが上げられるでしょう。

その点民主党は、記者クラブの廃止を打ち出しているという事実を見過ごしてはいけません。さらに鳩山政権においてある人物が首相秘書官に起用される見通しであることも見過ごしてはいけません。

http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090828/elc0908280119000-n1.htm
【09衆院選】鳩山氏、上杉、寺島両氏を首相秘書官などに

民主党の鳩山由紀夫代表は27日、政権交代が実現した場合、実弟の邦夫前総務相の元公設秘書でフリージャーナリストの上杉隆氏を報道担当の首相秘書官か補佐官で起用する意向を固めた。多摩大学長で日本総合研究所会長の寺島実郎氏も外交担当として同様の処遇をしたい考え。党内の了解が得られるかどうかが焦点だが、鳩山氏としては両氏とも、首相直属機関として新設する「国家戦略局」のメンバーも兼務させる考えだという。

上杉隆はかつて「ジャーナリズム崩壊」と言う、記者クラブを批判する著書を上梓したことがある方です。私自身は嫌いなのですが、この人が秘書官になるというのは、もしかしたら本気で記者クラブを潰すのでは?と期待したくなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>選挙というのはマスコミに利益をもたらしますし、
>その広告費が欲しいから毎年選挙をするように仕向けるのではないか?

最早選挙はマスコミに対する公共事業ですな。

>問題は、マスコミが「政権交代」を熱烈に応援していたことです。
>今回の選挙で改めてはっきりしたことは、我々の敵は民主党ではなく、マスコミなのです。
>その点民主党は、記者クラブの廃止を打ち出しているという事実を見過ごしてはいけません。

マスコミ自らの手で生み出した政権に自らを弱体化させられるという皮肉な状況になればこれは一興ですな。
もっとも自らの手で作り出したものを自らの手で壊したがるのもマスコミの性ですが…。
Neatness Neet
2009/08/31 10:55
>マスコミに対する公共事業
選挙1回ごとにマスコミは200億儲かるそうです。一社なのか業界全体なのかは失念しましたが。

>マスコミ自らの手で生み出した政権に自らを弱体化させられる
おーい、民主党、記者クラブを廃止しないまま下野したら許さないぞw
あかさたな
2009/08/31 11:23
>第一に自民党の敵矢によるところが大きいです。

特殊なスラングでなければ敵失かもしれない。
Antithesis
2009/08/31 13:48
お、今回はあかさたなさんに完全同意。
マスコミ叩いたら逆に叩かれることを恐れたかも知れんけど、すでにありえないくらい叩かれてるんだからもう打って出てマスコミ改革ぶちあげるべきでしたね自民党。
昨日は友人と自民は戦の仕方をわかっとらんねと話してました。
それより麻生クーデター説垂れ流したり、安倍氏ネガキャンしまくってた上杉ジャーナリストが秘書官とか、ここまで来ると笑ってしまいますwこんな露骨なことしていいんですかね。
KK
2009/08/31 18:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
総選挙に関する雑感 その1 あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる