あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主主義が日本人に本当に向いていないか?

<<   作成日時 : 2009/06/30 18:33   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9

政治報道のあまりの愚劣ぶりに憤死しそうな勢いなので最近は見ていませんが、この種の話で気になるのは「日本人は民主主義に向いていないんだ」論です。

しかし、本当に日本人は民主主義が向いていないのでしょうか?その問題についてよく考えさせられるのが、日比野庵氏のシリーズ「政治家の世襲問題について考える」です。

http://kotobukibune.at.webry.info/200906/article_25.html

(麻生)首相 「テリーさんね、例えば、小選挙区約40万人。有権者40万人。そのうち10万人にテリー伊藤のパンフレット。郵便代切手80円。印刷代、封書して印刷しますから、それで約10万人かけますと、印刷代、封筒代何とかで最低200円。それでかける80円、足す80円。280円かける10万円、それで2800万円ですよ。あれだけ1枚で。これだけお金がかかるということはテリーさん、それだけかかると思っておられました。」

2800万円!しかも、それは確実に読んでくれるわけじゃありません。結局、どんなに理念や理論を持っていても、名前と政策を知られなければいけません。前回のプロモーションの話と被りますが、結局は宣伝合戦になっていきます。するとお金がどんどん飛んでいく。

結局の所民主主義というのはお金がかかるというのが最大かどうかは別としてかなり大きな短所ということになっていきそうです。しかし、考えてみて下さい。誰がそのことを知っているのでしょうか?知っていたとしても、みんな国会議員という職に就けば天からお金が降ってくるだとしか思っていないのではないでしょうか?

まあ、確かにそう思われても汚職事件を見てみたら仕方がないわけですが、大多数の非世襲議員はお金に年中困っているという事実もあるわけです。その事実を説明して、コンセンサスを得てそれでもお金をかけない方が良いというなら、それは日本人が民主主義に向いていないという事です。

 
しかし、「民主主義はどうしてもお金がかかる」という事実を政治家もマスコミも評論家も教育者も誰も説明せずほっかむりを貫く、あるいは彼ら自身も知らない現状で「民主主義が向いていない」という結論を出すのは余りに筋が違うのでは?と思う次第です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
いくらお金があっても幸せとは限らないですけど、お金はあるに越したことがないですね。
やんやな
2009/06/30 20:13
こんばんは。拙ブログをご紹介およびTBくださりありがとうございます。
私もこの総理のコメントを聞くまでは、選挙にお金がかかることをそれほど意識していたわけではありませんでした。それがこのエントリーを書くきっかけになったのですが。
まずは国民一人一人が、民主選挙にはどうやってもお金がかかることを知ることから始めないといけないでしょうね。
日比野
URL
2009/07/01 00:11
>お金がかかることを知る
そうなんですよねえ。知ったところで単に「郵便代をただにしろ」という話になるかも知れませんが、
それだって膨大なコストを郵便会社に押しつけているという話ですから、結局誰かが負担しなければなりません。

もし政治活動の郵便料金割引が、トリガーとなって郵便料金が引き上げられたら、コストを利用者が負担するということになりますし、補助金なら直接負担です。

民主主義のコストの直接負担は嫌なのかも知れませんが、嫌がっても誰かが負担するし、それが何らかの政治的意図を持った連中である可能性は極めて高いわけです。
あかさたな
2009/07/01 10:07
何をするにもお金が必要ですね。
お金がないと何もできない…
やんやな
2009/07/01 12:09
こんにちは。

>嫌がっても誰かが負担するし、それが何らかの政治的意図を持った連中である可能性は極めて高いわけです。

これなんですよ。厄介なのは。拙ブログの「その5」で触れていますが、日本は徳治主義と民主主義の隙間を狙われているんじゃないかと思うわけです。
日比野
2009/07/01 12:40
世襲議員の制限は利益団体に有利に働くから民主党辺りはやっているんじゃないですかね?
世襲議員は金とカンバンを血族が継承しますが、一般人は金が無いため選挙はリスクを伴う。
しかも一般人は仕事を辞めて、落選したら無職です。
そんな中、労組等の団体の利益代表者は世襲にならずに資金的な問題もない。
しかし、その手の団体は自分の業界の利益しか考えないので真に国益を考えた行動をするか疑問です。
Antithesis
2009/07/01 13:44
>徳治主義と民主主義の隙間
確かにそうですよねえ。野党が情けないとはいえ、
40年以上にわたり自民の一強体制でしたし。
ただ、マスコミ様はなぜかそう言うことを一切ふれないけど都合が悪いのでしょうかね?

>世襲議員の制限は利益団体に有利に働くから
ありそうですねえ。だけど、民主党も本気で政治を憂うのであれば、こういう事にメスすべきですよ。
あかさたな
2009/07/01 18:33
小選挙区などをやめて、日本全体でやれないんですかね。
ネットで宣伝とかにすれば、宣伝カーもポスターもいらないし。
ネットを使わない人にはダメか・・・。
素人では考えるのには限界があり過ぎますが、頭のいい人たちがもっと考えたらいアイデアもあるのでは?
世襲制が悪のように言われたら、みんなそれが正しいって全員が考えを揃える事が、私は怖いです。
人間なんだから、自分で考えようよ。
結局そこが問題なんだから。
(私は麻生さん支持ですが、給付金で世論がコロッと麻生さんに向く事が怖いと感じます。)
ケロリーヌ
2009/07/03 13:23
今の時代からみたら参議院の全国区って理にかなった制度になったかもしれませんね。
大昔は、銭酷区とか残酷区とか散々批判されましたけど。
あかさたな
2009/07/03 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
民主主義が日本人に本当に向いていないか? あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる