あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS いまこそ雇用を考える

<<   作成日時 : 2009/05/10 19:43   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

少し古いですが、三橋氏の5月7日付けのブログで、日本よりも正規社員を守るスペインが若年層を中心とした非正規雇用者の大量解雇に走っている記事を見ました。

とだけ書くと、池田信夫先生よろしく解雇条件を緩和すればよいというのが結論になりそうな気配ですが、その解雇条件が揺るやかなイギリスでも正規社員が今度は解雇されているという実態が明らかになりました。

つまり、雇用流動化で失業率が下がるのは景気が良いだけのようです。でも、それなら日本でも失業率は下がり続けました。


例のグラフをまたぞろ引用しますが、2003年から2007年で一部から世界でもトップクラスで正規社員を守ると喧伝されておる(もちろん本当は嘘ですが)、日本でさえ70万人の正規社員の雇用が増加したのです。ちなみに非正規社員は200万人増加しており、これが非正規雇用率を押し上げる要因です。

雇用というとすぐ非正規社員はそれこそ、毎日15万働いて5万くらいの給料だけで暮らしているというイメージがこびり付いています。しかし、前者については3分の2はパートとアルバイトが閉めているという実態がありますし、派遣社員でも口入れ業者みたいなところでも、毎日15時間・・・なんて業者がどれだけあるのか?と思います。(ちなみに、これはアニメーターの新人の給料の相場だそうです)

ネットの又聞きで申し訳ありませんが、トヨタの派遣で月30万貰って、それをギャンブルと風俗に浪費して、首を切られてどうしようと言っている人が新聞に載っていたと聞いていました。もっと悲惨な境遇の人はいなかったのでしょうかねえ?

もちろん中には、毎日15時間・・・なんて所もあるでしょうが、普通の業者でも、ピンハネが高い高いと言われていますけど、企業が派遣会社に渡すお金は普通に正規社員を雇うケースよりもかなり割高なのだと言われています。それに役所が控除率を決めるべきという意見もありますけど、一体どういう基準が適切なのかというとかなりgdgdな事になるように思えてなりません。

イメージがつきやすいですし、また公務員の方が優遇されているというイメージもありますけど、統計のとりかたがそもそもおかしい。

だって、民間の統計は全ての職種・非正規雇用者だけで、公務員の統計は正規雇用者だけ なんですから。

つまり民間の給与水準は、パイロットやテレビ局員から、ドカタにスーパーのレジうち全部ひっくるめた数字です。正直3分の1にまで正規雇用者がふくれあがった現状では(ただし、正規社員の数自体はそれほど減っていない)、官民で差が生じるのは当たり前の話でしょう。

これの格差を減らすには、主に公務員の給料を下げるか、民間の給料を上げるかという汗をかく仕事の他にも、
民間の非正規雇用者を20年前の水準に戻したり、公務員の統計のやり方を見直すだけで、あっと言う間に格差は減るわけです。

その意味で、平均という数字はある意味で虚構であると言うことであるし、平均で御託を並べる統計は眉唾を就けた方が良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

公務員を叩けばよいという論調には困ったものですね。学生時代の友人・知人が、民間と公務員にそれぞれ就職しましたが、一般的には民間の方が年収は高めでした。公務員が安定しているのは確かですが、景気がいいときは民間の給与の方が同じ能力であるとするとやはり高いです。
若干スレ違いになりますが、エンゼルバンク(ドラゴン桜の続編)というマンガによると、1990年から17年間転職者数は、毎年4%でほとんど変わっていないそうです(1次データの確認まではしていませんが、割と信頼できるマンガです。)。日本で、終身雇用がすでに崩壊しているとの説も疑わしいです。終身雇用は、経験値が上昇するし、職場での人間関係も周知なので、仕事がスムーズに運びやすいというメリットもあります。多様化していることは確かでしょうが、基本が崩れることはないのではないでしょうか。
おじゃま
2009/05/10 21:17
まあ、民間はボーナスが業績連動というケースは良くありますからね。業績連動ボーナスを倣うくらいなら、不況の時に民間と一緒に下げるよりも好況時は下げて、不況時はあげた方が良いと思うのですけど。
あかさたな
2009/05/11 20:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
いまこそ雇用を考える あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる