あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS もうやめて!クニヲ!郵政のライフはもうゼロよ!

<<   作成日時 : 2009/04/04 18:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

将軍様の国の打ち上げ花火は今日は無いようなので、代わりに。

総務相、日本郵政に改善命令 「かんぽの宿」譲渡、手続き不透明

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090403AT3S0301N03042009.html

鳩山邦夫総務相は3日、保養・宿泊施設「かんぽの宿」譲渡問題で、日本郵政に業務改善命令を出した。オリックスへの一括譲渡を決める手続きが不透明だったと強調。内部統制も問題視し、是正を求めた。かんぽの宿問題は一つの節目を迎えたが、施設の収支改善や新たな売却先の選定作業は難航が予想される。

鳩山総務相は日本郵政の西川善文社長を呼び、命令書を手渡した。譲渡の経緯に関する調査結果は「16の問題点」として公表。日本郵政はすでに契約を撤回しているが、6月末までに是正措置をまとめて報告する。

西川社長は同日記者会見し「命令を重く受け止め、至らなかった点は是正する」と語った。今後、収支改善策と売却先の選定を慎重に進める。黒字化への道筋を示すのは今年6月、法律で定める売却期限も2012年9月と遠い先ではない。(01:24)

要するに鳩山先生は2400億円で造った建物を100億で売ることが気に入らないのでしょう。しかし、2400億円というのはあくまでも作ったときの値段。
バブル時につくった施設は土地代だけでものすごいことになっただろうし、建物は使い始めただけで価値が3割減になるということを聞いたことがあります。
つまり2400億円というのは総務省の役人が無駄遣いした金額以上でも以下でもないと言うこと。んで、そのかんぽの宿を黒字にしないのはけしからんと吠えているのが以下の記事。

総務相、日本郵政の事業計画変更を条件に認可 かんぽの宿黒字化要求

http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090331/wlf0903311107004-n1.htm

日本郵政の西川善文社長(右)に09年度事業計画の認可書を手渡す鳩山総務相=31日午前、総務省日本郵政の西川善文社長(右)に09年度事業計画の認可書を手渡す鳩山総務相=31日午前、総務省

鳩山邦夫総務相は31日午前、日本郵政が提出していた平成21年度の事業計画について、申請内容の修正を条件に認可した。日本郵政は21年度の保養・宿泊施設「かんぽの宿」の赤字を約38億円(20年度は約50億円)とみており、鳩山氏は閣議後の記者会見で「現在の計画は黒字化への覇気が感じられない。赤字がちょっと減ればいいという計画で、認められない」と述べ、6月末までに黒字化を目指す経営計画に変更するよう求めた。

鳩山氏は、婚礼・宿泊施設「メルパルク」についても、6月末までに「一層の収支改善」を盛り込んだ経営計画に変更するよう条件を付けた。日本郵政の西川善文社長は鳩山氏から認可を受けた後、記者団に対し「総務相の指摘した条件を真摯(しんし)に受け止め、最大限努力する」と述べた。

鳩山氏は当初、日本郵政の事業計画そのものを認めない方針だったが、新年度直前の「待った」が経営全体に及ぼす影響を考慮した。鳩山氏は1月、かんぽの宿のオリックス不動産への一括譲渡に「入札経緯が不透明」と反対し、日本郵政は譲渡を撤回していた。

鳩山氏はまた、郵便事業会社の21年度事業計画についても条件付きで認可した。10月に予定している日本通運との宅配事業の完全統合に向け、(1)過疎地での事業継続(2)「ゆうパック」料金の価格据え置き(3)他の宅配会社との競争条件の平準化−などの実施が確約できる事業計画を出し直すよう求めた。

なんかそろそろうざったくなってきましたねえ。JPエクスプレス(日通と郵政の宅配便の合弁会社)について過疎地でもサービスをしろとか、料金を据え置きにしろとか。その前の東京中央局の頃からん?という感じだったんだけど、なんか足を引っ張ることに執心していません?
そして、鳩山先生は、かんぽの宿を黒字にしてどうするのでしょうか?というと次の記事。

かんぽの宿売却中止も=鳩山総務相

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200902/2009021500057

鳩山邦夫総務相は15日放送された民放番組のインタビューで、日本郵政が譲渡契約の白紙撤回を決めた保養・宿泊施設「かんぽの宿」について、「(民営化後)5年以内の売却というのを見直してもいい。売らないという選択肢もある」と述べた。
日本郵政株式会社法ではかんぽの宿を2012年9月までに売却すると定めている。総務相は法改正を前提に、黒字化が可能なら売却期限を延ばしたり、売却自体をやめることもあり得るとの考えを示した。
郵政民営化の見直しに関しては「4分社形態を見直すべきだと国民が判断したら、見直せばいい」と語り、現在の経営形態に固執しなくてもよいとの認識を示した。(了)
(2009/02/15-10:47)

黒字なら売却自体をやめる

要するにこれが言いたかったのね。鳩山先生は。黒字になれば万々歳かと言えば差にあらず。郵政も今や民間企業である以上はかんぽの宿も常に設備投資をしなければ生き残ることは出来ません。つまり本業と関係ない事業にお金を投じると言うことに他なりません。しかし今や一般の民間企業は「選択と集中」すなわち、黒字でも本業と関係ない事業なら売却することも珍しくなくなっています。このことを鳩山先生はどうお考えなのでしょうか?まだ、百歩譲って独立採算制でやって、かんぽの宿事業の黒字の中から「設備投資しろ」というならわかりますけど。まあ、かんぽの宿にあえて本業との関連性をつけるなら、ともに地域の活性化に貢献しているとかでしょうか?しかし、郵便局なら手紙や荷物の配達に徹するべき(金融系は完全に分離する予定なので別)なのではないでしょうかねえ?

それにしても、いざ売るとなっても、鳩山先生がケチ就けたお陰で曰く付きの建物扱いされて、オリックスが実は一番の高値で二束三文で売らざるを得ないなんてことにならなければいいのですけど、そうなったら鳩山先生は一転して国民の税金を無駄にしたと言うことになりますよ。
更に言えば、ここまで文句を付けたら後に来る人がいなくなります。西川さんの後釜は郵政内部からの内部昇格を当てるのか、総務省の天下りを当てるのかは知りませんけど、一挙手一投足を文句言われたら民間企業どころか、役人でさえ来なくなりますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
郵政事業庁が黒字だったと豪語する取り巻きが多いのでしょう。鳩山さんも総務省とJPの主導権争いに使われたと重々承知はしているのでしょうけど・・・。

ただ、鳩山大臣の一連の行動は合法的なもので、誰にも止めることは出来ません。特別法上の株式会社である以上、筆頭株主からの指揮命令は避けられません。

これは、結局民営化法の欠陥であって、清和会潰しに使われていますが元を正せば清和会が主導した法律です。ここだけ無傷なのも個人的には納得いきません。

政治浄化に必要なコストとは言いませんが・・・。
クマのプータロー
2009/04/04 20:44
>鳩山さんも総務省とJPの主導権争い
本当にその通りですねえ。行間を読まないで手放しで賞賛した連中も同罪でしょう。
あかさたな
2009/04/04 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
もうやめて!クニヲ!郵政のライフはもうゼロよ! あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる