あかさたなの執行実験場

アクセスカウンタ

zoom RSS 厚労省は叩かれすぎだと思う。

<<   作成日時 : 2008/11/15 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/081112/wlf0811122357005-n1.htm

数日前のトヨタ奥田会長の発言ですが、まあ確かに一理がある。一理はあるんですが、不祥事を起こした業界とか組織では国民は血を見たがっていると言うことです。とにかく誰かスケーブゴードが欲しい。今回の場合は「失政」で人が死んでいるわけですから、無責任ですけど誰かが殺人罪で捕まらないと収まらないと思います。

それとは別に、厚労省という組織はあまりに権限が多すぎて「シビリアンコントロール」がうまくいっていないんじゃないかと思うんですね。まさに犬も歩けば厚労省の権益に当たる。食品と薬品の権益は全部消費者庁に渡してしまっても良いんじゃないですか?

あと、労働行政も「福祉」として考えているのは日本くらいで、アメリカの労働省は商務省から分離しましたし、ドイツは経済行政といっしょに労働行政をやっているわけです。福祉として労働を考えるのではなく産業として労働を考えないと、いつまでも実態に即した労働行政・労働法制も取れず、結果的に労働者の利益を損ねているように思いますがどうでしょう?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
厚労省は叩かれすぎだと思う。 あかさたなの執行実験場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる